house repairs

住宅の価値を上げる

住宅を価値を上げるのがリノベーション

リノベーションという言葉が流行ってから久しいですが、このリノベーションの特徴は、住宅の価値を上げることにあります。例えば、オール電化にして電気代を節約するカタチにする場合や、一階にある南向きのリビングの日当たりが悪い場合は、1階のリビングにある天井を吹き抜けにして、2階の南側に大きめの窓を作って一階部分の日当たりをよくするなどの工夫によりその住宅の価値を高めるのです。 このような工夫は、一戸建て住宅だけではなく、ワンルームマンションのオーナーでもリノベーションを利用して収益を上げることに成功した例があります。例えば、中古のワンルームマンションを一棟買いしてリノベーションを行い、ソーシャルアパートメントにするという方法です。

再建築不可の建物を復活させる

リノベーションは、再建築不可の建物を復活させる際にも利用することができます。再建築不可の建物は、敷地が公道に2メートル以上接していない住宅のことを指します。火災の時に消防車が侵入しにくいため延焼の危険が高いことから、その住宅は再建築をしないように法律で定められています。ただ、リフォームやリノベーションならすることは可能です。何故ならスケルトン状態にするにしても、柱さえ残しておけばそれは再建築とは言わないからです。 そこで、リノベーションをして新築同様にすることが可能になります。ただし、もし、火災が起きて住宅が全焼してしまった場合は、再建築が不可のため、どうすることもできません。ただし、半焼であれば理屈上は再建築可能です(焦げ臭いですが)。

Copyright © 2015 トレンドとなっているフローリングリフォーム All Rights Reserved. http://f-tpl.com